生活の最近のブログ記事

ショックな一言

| トラックバック(0)
男性と飲みに行き、その相手の男性が酔っぱらっているときに、突然私の二の腕をつかみ、「太いなあ~。」と一言。その一言がすごくショックで、それからはすごく二の腕を気にするようになりました。あまり短い半袖シャツは着ない様にしたり、隠すようになりました。なんとかして、痩せたくて色々試すのですが、なかなか痩せなくて悩みます。それを言った男性は実は私の好きな人だったから余計にショックで、相手は悪気はないんだろうけれど、私にとってはかなりキツイ一言で、なんとかして痩せたいです。 千葉 脱毛
車の購入検討に新車と中古車という2つの選択肢が考えられますが、中古車購入は安く買うこ とが出できる、または新車での車種よりワンランク上の車の購入ができます、また、中古車を 購入の場合に、大手中古車販売会社で購入と中古車オークション代行会社での購入の2つがあ ります。当然安く買うにはオークション代行業者が考えられますが、自分で見ることも出来な い中古車を購入には不安があるのは当然です、そこで信頼ある購入から購入後のサポートも万 全なカーズゴーゴーでの中古車のご購入はいかがですか?
毛抜きによって自己処理を続けていて、脱毛後しばらくしてから赤いポツポツが発生したことはありませんか?
そのポツポツは『毛包炎』といい、毛抜きで処理をした後に毛穴の中に雑菌が入ってしまい、炎症を起こしてしまっている状態になります。
その毛包炎を放っておくと、膿みやすくなってしますので、傷薬などでお手入れをする必要があります。またその毛包炎を何度も繰り返していると、毛穴が色素沈着で変色してしまったり、毛抜きを使い続けることで、毛穴が変形して鳥肌みたいにボツボツの目立つ状態になってしまうことがあります。
そうなってしまうと、肌を改善するのに長い月日を要することになるので、注意が必要です。少しでも早く改善するには毛抜きの使用をストップすることや、ピーリングによって新しい肌を次々と送り出すことや、プラセンタなどを使用して皮膚の再生作用を高めるなどという方法があるので、ボツボツが気になる方は是非やってみてください。






「ダイエット時に拘る小さなポイント」

体には欠かせない大切な物は科学的には説明が出来ず、天然の物に入ってるんだとしか言えないものが沢山有ります。

その一つには「うまみ」があります。以前は西欧の科学者たちは味には甘い辛い塩から胃苦い酸っぱいしかないと学会で信じられ、日本人の科学者が「うまみ」と言う味が存在すると言うのをあざ笑っていました。
昨今のフランスやカナダアメリカ英国では「うまみ」をそのままうまみとして発音しうまみの存在が非常に豊かに広がっています。

体に必要な塩分ですが、食卓塩は止めて、海の塩を使いましょう。
砂糖は黒砂糖・ざらめ・テンサイ糖等のグラニュー糖以外の物を使いましょう。
油はナタネ油、ひまわり油、ブドウの種の油、胡桃油、ごま油、沢山の種類を沢山試してください。

そして動物の肉の脂も毛嫌いしないで食べてください。
エスキモーは動物の肉と脂身を食べていますが、コレステロールで困ってる人は居ません。
ミルクは全脂肪の物を採りましょう。



アメリカのパイ投げや大食い大会にでている人に余り好感が持てないと思う人は少なくないのではないでしょうか。

大量の食べ物を口に押し込む姿を見て、味も関係なく獣のように食べ物を押し込んで嚥下している姿をみせて恥ずかしくないのかなとフッと考えてしまいます。
少しの熱量で沢山動くエコロジーカーやハイブリッドが研究され商品化されている時代に、食物はなんでも体に入れ込みたいと言う「欲」を見て、笑らうのは何なのでしょうか。
一度でケッコウですから、大食い自慢をしている人の食べてる姿を美しく見えるかと考えて見てください。

一生懸命に何かに立ち向かう姿は確かに美しい物ですが、口に食物を押し込む姿が美しいとはどこの国でも語られる事はありません。

日本の人が茶道や茶の湯、懐石料理などの文化を作ってきたのは、少ない食べ物を分け合って作ってくれた人に感謝し価値を見出し、その時をありがたいと感じる心の動きを表現した物でした。
真剣に痩せたいと願うならキャビテーション顔効果ラボというサイトがおすすめ





このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち生活カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはペットです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30