私がやっているほうれい線対策を紹介します

| トラックバック(0)

ケース1:顔の筋肉を鍛える方法

ほうれい線が気になり始めたのは40代に突入した頃からでした。

メイクをしている時は笑うとファンデーションがよれるのか、くっきりとほうれい線が出てしまい目立つので気になって仕方ないです。

ほうれい線が出来てからは一気に老け顔になってしまった気がします。

毎日、美容クリームやジェルなどを顔に塗った後、マッサージをしています。

顎のラインから引き上げるようにマッサージして、ほうれい線を伸ばしています。

ほうれい線は顔の筋肉が緩み、全体的に筋肉が下がってきて出来るものだと聞いたので、顔の筋肉を付けるように口を大きく開けて「あいうえお」運動をしたりしています。

後は舌を歯をなぞるように、右に5回、左に5回と一周回し、それを1日3セットしています。

美容器具を使って、コロコロと頬を引き上げるようにもしています。

毎日、こんな感じでほうれい線を消すために努力している結果、2ヶ月ぐらいで若干目立たなくなり、半年ぐらいすると結構ほうれい線が薄くなってきました。

ほうれい線が目立たなくなるという美容液も使用したことがありましたが、あまり効果がなかったので、マッサージや顔の運動に切り替えたら効果が出てきました。

なので、やはり顔の筋肉を付けることがほうれい線を薄くするのに効果的だと思います。

ケース2:美顔器とシワ伸ばしジェル

2年前に出産し、産休育休を経て仕事復帰した頃です。職場のデスクには小さな鏡を置いていて、鏡に映っている自分の顔のほうれい線がいつの間にか深くなっているような気がしました。

夕方など1日の終わりに近づくと普段以上に深くなっている気がする点が悩みです。

週1回、美顔器を使用して、ジェルの代わりにパーフェクトワンというオールインワンジェルでマッサージをやっています。現在ではEMS機能のついた美顔器もあるようなので、そちらへの買い替えも検討しています。

洗顔時にはほうれい線をひきのばすようなつもりでマッサージしつつ洗顔するようにしています。

あとは、気づいた時に表情筋の筋トレをしています。芸人のシルクさんがやっていたようなトレーニングです。シャワーを浴びながらや、マスクをつけている時、人に見られていないときにやっています。

現在では顔ヨガもあるので、ひょっとこのような口に左右動かすようにしています。

それも時間がある時に取り入れれる時は取り入れています。

メイク前にはリンキーフラットという(※)シワ伸ばしジェルを使って即席シワ伸ばしをしています。

ケース3:舌グルグル運動

30歳を過ぎたころからほうれい線が深くなってきたように感じるようになった。

ほほが垂れているようにみえる。

実際の年齢よりも老けてみえるようになった。

ファンデーションがほうれい線に埋まってしまい、ファンデーションがむらになってしまう。

ベロ回し体操をしています。

舌を口の中でぐるぐる回す運動を朝昼晩に右回し20回、左回し20回しています。

ほうれい線にきくスキンケア用品を使っています。

夜にマッサージをしています。

超音波美顔器を顔にかけています。

マッサージは10分間、美顔器も10分間かけています。

一週間に一回美容液をたっぷりと含ませたシートマスクでパックもしています。

月に一回アンチエイジングのエステに通っています。

なかなかほうれい線は消えませんが、ベロ回し体操をするようになってから、薄くなってきたような気がします。

また、エステの後は肌がふっくらとしていて、ほうれい線もきにならなくなります。

毎日しているマッサージや美顔器も効果があるみたいで、やったあとほうれい線が消えたようにみえます。

 

参考サイト「リンキーフラットの効果がプチ整形級w 楽天やアマゾンなら最安値はどこ?

トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、lutinoが2018年9月18日 18:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「毛穴の詰まりや黒ずみを解消するためにやっていること」です。

次のブログ記事は「ダイエット|根深い便秘に頭を悩ませている人へ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30