2014年3月アーカイブ

「ダイエット時に拘る小さなポイント」

体には欠かせない大切な物は科学的には説明が出来ず、天然の物に入ってるんだとしか言えないものが沢山有ります。

その一つには「うまみ」があります。以前は西欧の科学者たちは味には甘い辛い塩から胃苦い酸っぱいしかないと学会で信じられ、日本人の科学者が「うまみ」と言う味が存在すると言うのをあざ笑っていました。
昨今のフランスやカナダアメリカ英国では「うまみ」をそのままうまみとして発音しうまみの存在が非常に豊かに広がっています。

体に必要な塩分ですが、食卓塩は止めて、海の塩を使いましょう。
砂糖は黒砂糖・ざらめ・テンサイ糖等のグラニュー糖以外の物を使いましょう。
油はナタネ油、ひまわり油、ブドウの種の油、胡桃油、ごま油、沢山の種類を沢山試してください。

そして動物の肉の脂も毛嫌いしないで食べてください。
エスキモーは動物の肉と脂身を食べていますが、コレステロールで困ってる人は居ません。
ミルクは全脂肪の物を採りましょう。



アメリカのパイ投げや大食い大会にでている人に余り好感が持てないと思う人は少なくないのではないでしょうか。

大量の食べ物を口に押し込む姿を見て、味も関係なく獣のように食べ物を押し込んで嚥下している姿をみせて恥ずかしくないのかなとフッと考えてしまいます。
少しの熱量で沢山動くエコロジーカーやハイブリッドが研究され商品化されている時代に、食物はなんでも体に入れ込みたいと言う「欲」を見て、笑らうのは何なのでしょうか。
一度でケッコウですから、大食い自慢をしている人の食べてる姿を美しく見えるかと考えて見てください。

一生懸命に何かに立ち向かう姿は確かに美しい物ですが、口に食物を押し込む姿が美しいとはどこの国でも語られる事はありません。

日本の人が茶道や茶の湯、懐石料理などの文化を作ってきたのは、少ない食べ物を分け合って作ってくれた人に感謝し価値を見出し、その時をありがたいと感じる心の動きを表現した物でした。
真剣に痩せたいと願うならキャビテーション顔効果ラボというサイトがおすすめ





フランスには、いたるところにエステテックサロンがあります。
私のアパートの近所でも、パン屋さんの数と同じほどのサロンがお店を構えています。

美容院やヘアサロンにいたっては、それとお何かそれ以上の数が有りますから、ビジネスとして成り立っています。

大人のフランス女性はお金持ちだろうが貧乏人だろうが、非常にサロンが好きで、ワックス脱毛をするのに欠かせないとか語られます。
サロンはひっそりとしていて、決して大騒ぎしてにぎわっていると言う事は有りませんが、常時営業しています。

女たちは子育てや家事や仕事や恋人とわかれた等、神殿に祈りを捧げる信徒のように、サロンに向かいます。
窮屈な下着を取り、柔らかい肌を緩めて儀式のように肌の手入れをしてもらう女たちは、サロンで女として再生するために時を過ごします。
けっして○○に成りたいとか、そんな野望も希望は有りませんが、たった一人の自分を取る戻す為に、一人だけの時間を持ちます。バストアップ光豊胸ラボ



このアーカイブについて

このページには、2014年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年2月です。

次のアーカイブは2014年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30